今朝の体調、少し思ったこと

性別迷子(MtX)でパニック障害持ちの図書館職員。逃げ出したカウンセリングを今年中に再開したいです。早く男から離れたーい!

笑うこと、図書室のこと、身体のこと

あまり昔の事を書きたくはないのですが、

これといって特に話題にすることがないのです。

 

いや、ここ二週間ほどは落ち着いているのですが、

布団の中で泣き目を腫らし、お風呂場の排水溝を見てボーっとしていたり、

「大丈夫ですから」を職場で連発しては、

「大丈夫って言葉をいう時こそ心配~」と同僚に言われ、

確かにそうだなと思ってしまい、笑いつつも凹む私。

薬は増え、それがお腹をゆるくして、常時下痢の状態が続いています。

お蔭で3キロほど減りましたが、顔は案外変わらないものです。

 

無事に髪の毛を伸ばすことが出来ています。

携帯電話の自撮りを確認したところ、半年切っていないことになります。

親にあれこれ言われますが、私は無視をきめたり、体調の悪さを利用しているのです。

「寝ている時に切るぞ」と言われるのは、もはや暴言。

 

最近、何かの機会で自分の虐められていた時期の話をしました。

当時は顔じゅうにニキビが出来ていて、それをしきりに気持ち悪がられました。

身体は不思議なもので、それらが顔じゅうを占領しているさなかに、

私の胸は片方だけふっくらと、膨らんでいました。

 

元来泣き虫ですが、泣くことを親に封印されていたので

(父親に、男が泣くことは恥ずかしいと叱責、頬を叩かれた)

泣かない為には笑おうと、自分に課していた気がします。

そうすると「なんで笑うんだよ、気持ち悪いなぁ!」と

私を虐めていた奴らはボコボコと頭を叩き、身体を蹴ったものです。

我慢強いなぁ、あの時の私。どこに消えたのでしょうか?

 

高校の辺り、携帯電話のカメラの画素数が段々と上がっていたと記憶します。

だからか知りませんが、用もなくパシャパシャと撮られたものです。

トイレをしている最中も撮られたこともあり、

教室の近くのトイレでは用を足せなくなりました。

 

そんなこともあり、私は唯一の逃げ場「図書室」へ入り浸ったのですが、

それが今の本に関わる仕事に方向づけたのかと聞かれれば、当たっている気がします。

 

あの時の「図書室」はいわゆる「オタク」な人たちの集まりでした。

心を病んでいる人もいましたし、恋愛対象に悩む女子男子もいました。

とはいえ私は、自分の歪んだ身体については一切口にしませんでしたし、

様々な同級生、先輩、下級生を見下したり、批判はしませんでした。

それを「優しさだけ」と言ってしまえばそれまでで、

けれど、あの閉鎖的な空間で私は勉強よりも大切な何かを知った気がします。

自分の身体を含めて、先入観が薄くなったと、そう思うのです。

 

卒業する頃、片方だけの胸は両方ともふっくらと膨らんでいました。

(ちなみにホルモン摂取は20代に入ってからです)

もし、もしあの時、私自身の話をしていたら、今どうなっていたのでしょうか?

何か変化が起きていた?それとももっと迷ってしまっていた?

 

そんな「もしも…」を考えながらも、なんとか生活を送る。

夏から仕事を初めて、今は大分寒くなりました。

 

来週は久しぶりの東京です。服装はもちろんスカートで!

 

 

 

薬の量、戻りました

先週、図書館で初めて過呼吸を起こして倒れました。

 

手足が痺れて、呼吸が乱れて、本棚の脇に寄りかかり…

その後気が付いたときには休憩室の部屋に寝かされていて、

涙でぐじゃぐじゃになった(過呼吸の時は大抵泣いてしまう)視界に、

同僚職員と、それと館長副館長、そしてヘルメットを付けた救急隊員数名。

 

…やってしまいました。人生で三回救急車を呼んだのは、ここに寝ているオカマです。

うち二回は運ばれています。

 

過呼吸の場合、呼吸を整えれば数分~数十分で収まるのですが、

私の場合、今回「ひきつけ」を起こしていた、との事でした。

皆さん、過呼吸が収まった頃にソレを見てしまったのようで

「コイツはヤバいんじゃないか?」と驚き呼んだみたいでした。

特に身体の異常はなく、(私が拒否したので)救急車に乗りませんでした。

 

仕事を再開してから四か月目に入りますが、

そして本人はそこまでストレスを感じていないのですが、問題は

見えないストレスを感じていて、それが気づかない内に蓄積されている、という事。

私自身、怒るという感情が欠如していて、

(それについて話すと長いので、その内書くかもしれません)

そして笑うことは、一種「怒り」の裏返しのようにも感じています。

純粋な笑いもあれば、苦笑いに愛想笑い、

それに何かを隠すための笑い、ため込んだ何かを吐き出すための笑い、

いろいろあるのかなと思います。

 

泣くことも増えつつあります。

一人になった時は特にボロッと涙を落としますし、布団の中に入ると自然と涙を流す、

そういうのがここ数か月多いのです。

そしてどうしたら止まるのか、その術を忘れているのか、持ち合わせていないのか、

私自身よく分からなくなってしまいます。

 

かかりつけの心療内科の先生も心配してくれて、

「どうする?薬の量、戻してみようか?」と聞いてくれました。

ふさふさした眉毛の先生は、むやみに薬を出したがらないのですが、

代わりに沢山お話を聞いてくれます。泣きじゃくる私を待ってくれます。

最近、段階的に量を減らしていたので、もしかしたらそれが裏目に出たかもしれない、

そう先生は推測しているようです。

 

薬の量は、結局戻りました。

安定剤と抗うつ剤。それと今は蕁麻疹の薬に、三種類のホルモン剤

いちいち薬を出すのも、飲み干すのも面倒な日常です。

そして朝起きた時の胃のムカつき、あれが再びなのです。

 

「そろそろ、東京のクリニック、再開したらどうかな?」

心療内科の先生はこうも言っていました。

それに「僕にはジェンダーの治療は出来ない」とも以前言っていましたし。

 

こんなにも不安定な理由は本人も分かっています。

だから先生には、もう完全に見抜かれていますね。

けれどそうはっきり言われてしまうと、怖い部分が沢山あります。

 

ちょっとした一言で居場所も人間関係も、

跡形もなく消えてしまいかねない、不安定な足元の生活。

けれど私は、ホントに微々たるものですが、前よりも進んでいるつもりです。

何とか三十手前で蹴りをつけたい。

久しぶりのスカート(ウィッグ無し)

性別不明、と前々から言っているのですが

結局のところ女とか男とかの「どちらかに寄る」というのも

それはそれで大変なわけです。

「男の象徴」はついていますが、これと言って排泄以外の機能は見当たらず、

寄せればある程度の大きさになる胸は持っています。

そうすると悩ましいのは服装、でしょうか。

 

例えば「男」として見られる服装といえばスーツですし、

例えば「女」として見られる服装の最大のものといえばスカートでしょうか。

このどちらも、居心地が悪いと言いますか、何回着ても慣れないといった感じです。

 

さて事の発端は例の同僚さん、Kさんの一言。

「是非女の子の恰好を見てみたい!」

この歳になって「女の子」とはいかに、と思ったのですが、

友人Yさん(小学・中学の同級生、腐れ縁)からの

「もうさ、Kさんのこと上手く使って惑わしてやれ!」

という助言(惑わす、がよく分からないのですが)があって、

「じゃあ…今度ね、今度、恰好していくよ」

と、少し押され気味に宣言をしてしまったのです。

 

今持っている服装の大半はユニセックスといいますか、

「安い、色が可愛い」といった理由で女物率が最近増えつつあり、

それと女装の服装をあれこれ探して組み合わせました。

 

で、当日(昨日の出来事です)

ウィッグがですね、絡んで絡んで絡みまくって、

梳かしても無理!というくらいにゴワンゴワンの状態で

「これは今日、無理か…」と諦め地毛で行くことにしました。

ちなみに地毛の長さは、ショートボブ。

ジェンダークリニックに通っている時に何度かそういう恰好をしていましたが、

地元でするっていうのは初めて…かもしれません。

 

結果、誰からも後ろ指さされたり、何かを言われるのもありませんでしたし、

例えば駅前で配布しているティッシュだったり、

商業施設の香水の香りの付いた紙を渡されたり、

そういうのを結構な頻度で頂きました。

男の人に声も掛けられそうになったんですが、さすがに逃げました。

(客引きとかそういう類でしょうか、黒いスーツを着た人たち)

 

そしてKさんは何かにつけて「可愛い!」を連発。

どさくさに紛れて何回抱きつかれたかも、覚えていない…。

 

私としては「あ、案外大丈夫なのかもしれないな」と思いました。

それは女の恰好をする、という行為にですが、

今まで女の恰好をする=女装、という図式が私の中にベットリと張り付いていたので、

(結局女装止まりなんだよなーお前はなーみたいな何か)

それを剥がす良い機会になったのかも、と思いました。

それと親からは「そういう恰好はするな!」と言われ続けていたのもあり、

一種の恐怖だったんです。それも薄れたような気がします。

 

こういう流れ、今までだと一人じゃうまく出来なかったんだなーと思いました。

理解してくれる人が近くにいるのは、それだけで心強いといいますか、

自分の希望や不安を叶えたり解決したりするには一人だと限界があると。

 

さて家に帰ってきて来て良いことばかり続くとは思えず、

慣れないペタンコのフラットシューズで爪が割れ、皮が剥け血だらけに。

今も痛い思いをしています。そして自分の足のサイズを恨みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆるゆるのパンツを買いに行く

間を空けすぎてしまうと、パスワードもあやふやになってしまい

ログインするのに少し手間取ってしまいました。

 

10月に入って間もなく蕁麻疹が日常的に出るようになり、

それがせいで2週間ほど心身共に乱高下を繰り返していました。

原因のヒスタミンを抑える薬を飲むと途端、眠くなってしまい、デスクでの作業、

例えば冊子を仕分けたり、雑誌や書籍に透明なフィルムを張り付けたり、

酷く傷んだ書籍を直したり、そんな途中でもコテン、と眠ってしまう日常。

 

この前は首からぶら下げるネームの紐で首がボコボコと赤く膨らみ、

家に帰り靴下を脱ぐと、跡に沿って点々と膨らんでいました。

酷いときは両足に虫刺され数百個、といった感じで出てしまいます。

パンツのゴムにも過剰に反応してしまい、もう履けるものが無いっ!という始末。

手は大丈夫なのですが、冷水や冷たい外気でも腫れる、そんな身体です。

医者からは慢性蕁麻疹と言われ、大人しくもらった薬も飲んでいます。

早く効いて!と祈り、この憂うつなのにも効いて欲しいのです。

 

以前投稿したように、女性ホルモンを少しばかり増やしました。

よく考えたら、それを始めた時期と蕁麻疹の時期、重なる部分があるので、

もしかして…いやいやまさか…と疑いつつも、

「今、どんなお薬飲んでますかー?」と病院窓口で聞かれても

「ほ、ホルモンを少々…」とは普通言えないものです。

 

けれどお蔭で胸の萎み、膨らみの乱高下はグッと抑えられ、

寒くなったのでお気に入りのタートルネックを着て、

バンバン胸のライン出している図書館の職員、怖いものなし。

怖いものなしなのは利用者、特におじい様方で、

「あんた、男なのかい!」と何度か言われたりしています。

 

そうしていつの間にか歳を一つ重ねてしまい、

色々なこじらせの蓄積のせいで、素直には喜べないというのが現実でしょうか?

精神年齢ってそうそう巧く重ねられるものではないと、最近つくづく思うのです。

もっとも、毎日毎日、自身の細かなアップデートが出来るようになれば、

精神年齢が低くても社会では生きていけるのでは…と思ったり。

些細な事で怒り出す、不機嫌をさらけ出す、そういう人にはなりたくないものです。

 

話は蕁麻疹に戻るのですが、あろうことか例の同僚さんとパンツを買いに行きました。

中途半端な性別の私が果たして、レースの付いたパンツを履いてもいいのか、

少し売り場で悩んだりしたのですが(けれど締め付けの少ないゆるゆるなパンツ)

「絶対似合いますよ!可愛いですし!」と言われたら、それは買うしかありません。

 

そうして、パンツを買う、という行為だけでもお互いが

なんだか自然体でいられるのが、不思議と面白いというか、心地よかったりします。

 

 

 

 

 

 

 

そんなに頑張っているように見えます?

体調の波に左右されてしまい、結局また一週間空いてしまいました。

まだまだ落ち込み具合の波も大きく、安定剤手放せません。

 

もっとも先週は図書館でのイベントの準備と、

来年以降の担当に抜擢されたための引継ぎで、ワタワタとしっぱなし。

図書館のイベントは大きな混乱もなく無事に終了して、

その後、お疲れ様も兼ねて歓送迎会がありました。

飲んでしまうと声が荒れ、そこから風邪など慢性化してしまい、

それが体調がすぐれない原因でもあるのですが。

 

それと先週は、貧血気味なのに鼻血が止まらないのが数回あり、

鼻に丸めたティッシュを突っ込みながら作業していました。

(さすがにカウンター業務からは抜けましたが)

 

そういう姿を見られてて、同じ職員さんからは

「体調悪そうなんだもん、早退とか休めばいいんじゃないの?」

「なんでそんなに頑張るの?」と言われましたし、

 他にしばらく引きこもりをしていた(前職が超ブラックだった)同僚にも

「今はリハビリなんだと思えばいいんですよ!」

「この環境、最高だと思いませんか?自分のペースで休めるんですよ」

とも言われました。

(勿論、グダグダして仕事をしているわけではありません。

「人の税金使って飯食ってるくせに!」と言う利用者もいますが

 働きぶりは皆素晴らしく、能力のある人たちばかりです。

 そのように言う利用者に限って、利用する態度に?が付いてしまう)

 

けれど私ってそんなに頑張ってるのかなーと疑問に思ってしまうのです。

お金貰っているんだから、頑張るのは当たり前だよね、という考えでしょうか?

立ち止まること、手持無沙汰が怖い、この癖はどうにも良くなりません。

今は、覚えることがまだまだたくさんあって、

自分のペースというものが分からず、右往左往しているといったところです。

 

話は変わりますが、支払いに追われお金が厳しく、

伸びた前髪をセルフカットして、現状前髪パッツンのボブにしてしまいました。

そんな髪型と、服装も相まって利用者に女性と間違えられる率が高くなり、

それはそれで私としては嬉しい限りです。

親からは早く切れ!と文句をつけられています。

 

一つ、我儘を言えるならば「髪を伸ばしたい」でしょうか、切実なのです。

 

 

 

 

2週間ぶりの書き込み

ここ2週間ほど、雑記を書きこめないほど、落ちこんでいました。

ようやくパソコンを立ち上げると、使っていないのにバッテリーが10%ほど

減っていました。あとは変わりなくOSが立ち上がります。

 

2週間ほど書き込んでいない、こんな中途半端な奴のを見に来る人もいるみたいで、

けれどそれは例えば「女性ホルモン」関係なんかのアクセスが多いみたい。

ソレにしたって純粋な女性に近づくにはやはり中途半端。

因みに前にも書いていたように、量を増やすつもりで、

コスト面も見ながら注文し、後は手元に来るのを待つだけです。

こんな状況で増やすのはある意味…と思いますが。

 

前々から思っていたのですが、兄妹ほど近くて遠い存在は無いと思います。

血が近いからこそ分かり合えない点も多すぎます。

数日間妹が帰ってきたのですが、すこぶる機嫌が悪く、口調が厳しく

そして当たり散らされ、それもあって落ちこみ度合いも深くなりました。

「なんであの人は、あんな風になったのかしら」と母。

…うん、でも分かります、生理の真っただ中だったんですよね、

見れば分かります、そしてあなたもあんな感じでしたよ。

 

安定剤をいつもより多く出されたので、夜は必ず飲むようにして、

あとは頓服のを常にポケットに忍ばせています、お守りです。

勤務している場が場なので子供の泣き声、喚き声が多く耳に入ります。

その度に動揺というか、掻きまわされるというか、耳を押さえてしまう。

他にも挙げればキリが無いのですが、

寝てそれがうまくリセットされたらどんなに良いのだろう!と思うのです。

そんなこんなで、部屋で少しの間泣くのが日常です。

 

しばらく自発的に何かをやる、というのが無くなっていたので、

そういう時は一度読んだ本を読むのが良いのかもしれないと思い、

本棚から向田邦子さんの「男どき女どき」を取り出し読みました。

多分、一度目二度目では理解できない部分がほどけた、というか

人間味がそこかしこに見える文章に小一時間食い入って読みふけりました。

 

『だから、私は、一日一善ではないが、一日に一つ、自分で面白いことをみつけて、

 それを気持のよりどころにして、真剣半分、面白半分で

 テレビの脚本を書いているのである』(エッセイ「わたしと職業」より)

 

いま、一日に一つ、面白いことを見つけられているのだろうか?

これは仕事だけではなくて日常においても基本というか、

塞ぎ込みやすい私にも何かヒントになるかもしれません。

 

さて、以前より雑記の中に出てきている同僚さんと

ちょっとした関係に、なっております。

もっとも、生物学上は男、心はオカマ~女というこの「ちぐはぐした私」を

認めてくれていて、「嬉しい!」の他に言葉が見つかりません。

 

お互い、不安定要素を持っています。

心の病気というのは寛解に近づくとしても、

完治というのは常々難しいと思っています。

そして、それに常に、全力で向き合うほどの気力、体力は持ち合わせていません。

けれど、和らげられる力はお互い持っているような気がします。

自分がボロボロなのに、他人は助けようなんて偽善ではない、そういう力。

 

ともかく、また一人、大切な友人ができたというのを報告したいと思い、

久しぶりに書き込んでいます。

前のように毎日書き込むのはまだ少し時間がかかりそうですが、

止めるつもりは今のところありません。

 

 

 

 

 

雑記も生活も、どれだけ続けられるか

昨日、というより今朝「そういえば雑記書かなかったよな…」と気が付き、

70日目にして連投記録が切れました。

今日からまた新たに雑記を書きたいと思います。

 

言い訳をしてしまえば、昨日も言いようのない不安感から、

コンビニでお菓子をゴッソリ買い込み、全部食べ、吐き出し、下していました。

立っていられない程にお腹が痛み、トイレに何度も駆け込みました。

明日ようやく初めてのお給料が振り込まれる日です。

明日心療内科に行き、また薬を貰おうか、悩み中です。

 

悩んでいるといえば女性ホルモンの量について。

今服用しているのを、体調と予算に見合うだけ増やそうか、

それとも服用中のスーシー(低用量ピル)のE2(エストラジオール)量が足りないので、

それを補おうか、個人輸入のサイトを睨んでいます。

ここまで来るともう身体の変化は見込めないと思うので、

後は「どれだけ続けられるか」「どれだけ維持できるか」かと思うのです。

 

幸い、給与明細を見たところ、書店員の時と同じような額は貰えるようですし、

予想していなかった通勤手当(私は自転車か歩きで通勤)も貰えそうです。

もう金欠で気力を奪われるようなことから避けたいのです。

私は予想通りに吹けば簡単に飛ぶ存在ですので、いつ転げ落ちるかわかりません。

その為の貯金、と、将来的に身体にメスを入れるかもしれない改造費、

のんびり計画的に貯めるつもりです。

 

最近、ふと気が付いたのですが、

私って随分と甘ったるい声を出すようです。

本調子じゃない喉で出すかすれた声が、これは男の出す種類の声じゃないと。

後は女性らしい高さが出れば、うまく何処かへ紛れ込めるのかもしれないと、

妄想をしているのです。